西播

  • 印刷
馬頭琴やアフリカの打楽器を使って、自然を感じさせる演奏を披露する美炎さんら=ひょうご環境体験館
拡大
馬頭琴やアフリカの打楽器を使って、自然を感じさせる演奏を披露する美炎さんら=ひょうご環境体験館

 音楽を通して地球環境の大切さを体感するイベント「サマーアースライブ2020」が2日、兵庫県佐用町光都のひょうご環境体験館であった。水の流れや植物、空などをイメージした映像作品に合わせ、モンゴルの民族楽器、馬頭琴の音色が響いた。

 同館で毎年開催される人気イベントで、約70人が来場した。今回は3部制で、第1部は上郡町出身で現在はニューヨークを拠点に活動する音楽、映像作家の竹内真里亜さんの映像作品が上映された。第2部は馬頭琴奏者の美炎(みほ)さんによる演奏。第3部は竹内さんと美炎さんによる共同ステージとなった。

 竹内さんは新型コロナウイルス感染拡大を受け、米国からのリモート出演となった。神秘的な映像をバックに、美炎さんらがモンゴル民謡などを奏でた。馬頭琴のほかに南米、アフリカなどの打楽器を操り、風や水の音、動物の声を思わせる音楽を披露した。

 たつの市から訪れた女性(63)は「竹内さんの繊細な映像には、故郷上郡の風景も影響しているのかなと思った」と話していた。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ