西播

  • 印刷
写真展と講演で異文化体験を伝えた村原健三さん(右)と筒井康世さん=赤穂市立図書館
拡大
写真展と講演で異文化体験を伝えた村原健三さん(右)と筒井康世さん=赤穂市立図書館

 国際協力機構(JICA)の海外ボランティアで2年間、タイに赴任した筒井康世(やすよ)さん(75)=兵庫県宝塚市=とパプアニューギニアで過ごした村原健三さん(70)=同市=が30日、同県赤穂市中広の市立図書館で講演した。NPO法人「赤穂市国際交流協会」の国際理解講座で、写真展とともに異文化交流の意義を伝えた。

 西宮市社会福祉協議会に20年間勤めた筒井さんは2008年からタイ東北部の保健センターに赴任し、高齢者の健康促進活動に取り組んだ。講座では、現地で指導した健康体操を会場の人と体を動かして実践。「タイの人の笑顔が力になった。大切な人たちと出会えたかけがえのない2年間。海外ボランティアに行って本当に良かった」と感慨を込めた。

 村原さんは県養父土木事務所長を務めるなど技術職として35年間、県に勤務。定年退職後、専門学校で日本語教師の資格を取り、15年からパプアニューギニア首都の国立大学で学生に教えた。貧困による犯罪を目の当たりにしながら、情熱ある学生から多くを学んだといい、「大自然や多様な文化が魅力的だった。資源に恵まれ、発展する潜在力は高い。平和で豊かな社会に」と願った。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ