西播

  • 印刷
「ひょうごいいね!お店表彰」の大賞を受けた坂口あかりさん(右)=宍粟市山崎町山崎
拡大
「ひょうごいいね!お店表彰」の大賞を受けた坂口あかりさん(右)=宍粟市山崎町山崎

 商店街の個性的な店を表彰する兵庫県の「ひょうごいいね!お店表彰」で、同県宍粟市山崎町の山崎商店街に2年前開店した日本酒バー「Sadoya(さどや)」が地域連携部門の大賞に選ばれた。山崎地区のまちづくり活動と連携し、町家を生かした店を開いて地域活性化に貢献した点などが評価された。(古根川淳也)

 経営するのは明石市出身の坂口(旧姓・琴地)あかりさん(31)。カナダ滞在を経て、酒どころ飛騨(岐阜県)で外国人観光客らに日本酒の魅力を紹介する仕事に携わり、国際●酒(ききざけ)師の認定試験にも合格している。酒造りを学ぶため「日本酒発祥の地」とされる宍粟市に移住し、2016年から山崎地区の山陽盃(さんようはい)酒造で蔵人として働いていた。

 ちょうど同じころ、地区の住民グループが酒蔵や町家を地域おこしに活用する動きを始めた。日本酒を通して住民が交流する場をつくりたいと考えていた坂口さんは、手芸品店「さどや」だった店舗を改装し、バーをオープン。宍粟を中心に各地の地酒をそろえ、酒蔵の町にふさわしい店づくりで住民や観光客の人気を集めている。

 本年度は新型コロナウイルス対策のため授賞式はなく、長田博・市商工会長が賞状を届けた。長田会長は「町おこしにはよそ者、若者、ばか者が必要という。市内外の人に愛される店をつくってくれて、地域のイメージがよくなった」と感謝の言葉を贈った。

 坂口さんは「この店で多くの人がつながり、輪が広がっているのがうれしい。受賞が日本酒を知ってもらうきっかけになれば」と喜んだ。

(注)●は「口」の右に「利」

西播の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ