西播

  • 印刷
龍野が舞台の「男はつらいよ」の名場面などを絵画にした吉川孝昭さん=たつの市龍野町富永
拡大
龍野が舞台の「男はつらいよ」の名場面などを絵画にした吉川孝昭さん=たつの市龍野町富永

 映画「男はつらいよ」シリーズで、龍野城下が舞台になった「寅次郎夕焼け小焼け」(1976年公開)の名場面などを描いた絵画展が、ギャラリーカフェ「ガレリア アーツ&ティー」(兵庫県たつの市龍野町富永)で開かれている。13日まで。

 洋画家の吉川孝昭さん(60)が2012年から毎年、同ギャラリーで開催している。葛飾・柴又の帝釈天(たいしゃくてん)参道にアトリエを構える、筋金入りの寅さんファンの吉川さんは「全50作の中でも『夕焼け小焼け』は屈指の名作」と語る。

 絵画は、渥美清さんと太地喜和子さんがしょうゆだるに乗るラストシーンや、宇野重吉さんと岡田嘉子さんが城下の屋敷で語り合う場面を優しいタッチで描写している。

 展示会場のガレリアは金融機関だった木造2階建て。映画では、揖保川越しに鶏籠山を望む景勝地として登場した。吉川さんは、現在の店の前に寅さんが座っている想像図も描いた。

 水彩画や油絵約150点のほか、吉川さんが長く暮らしたインドネシアの民芸品なども販売する。午前11時~午後6時。水曜定休。ガレリアTEL0791・63・3555

(直江 純)

西播の最新
もっと見る

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ