西播

  • 印刷
たわわに実ったミカンと栽培する高木芳和さん=赤穂市塩屋
拡大
たわわに実ったミカンと栽培する高木芳和さん=赤穂市塩屋

 兵庫県赤穂市塩屋の「塩屋山みかん園」が11月1~23日に開園する。瀬戸内海や赤穂市街地の絶景をながめながらミカン狩りを楽しめる。山の斜面の畑には、黄色に熟した極わせ品種がたわわに実る。今年は検温器や消毒液を置き、新型コロナウイルスの感染予防を図る。

 赤穂のミカンは甘みとともに酸味もあり、皮をむくと新鮮な香りが広がる。

 観光ミカン園を市内で唯一続ける高木農園の畑は約1・5ヘクタール。標高約150メートルの斜面に約1500本が植わる。今年は日照りが続いて木が枯れたり、苗木をシカに食べられたりする被害もあったが、甘いミカンがなった。

 経営する高木芳和さん(52)は「気候変動が激しいので毎年、新たな試みをする」と話し、土作りや栽培品種の変更にも取り組む。コロナ禍で平日の団体予約は減る一方で、週末の混雑時は入場制限もありうる。「店の画一的なミカンとは違う。好みの大きさや色のミカンを畑で見つけ、その場で味わって」と話す。

 午前9時~午後3時。2、9、10、16、17日休園。中学生以上1500円、小学生千円、3歳~就学前500円。土産のミカン付き。高木農園TEL0791・43・3512(期間中は43・6145)

(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(12月5日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ