西播

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は20日、龍野、赤穂両健康福祉事務所で計19人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち8人は宍粟市内にある同じ通所介護事業所を利用しており、クラスター(感染者集団)と認定した。

 龍野健康福祉事務所の所管分(宍粟市、たつの市、太子町、佐用町)は計17人で、うち2人は管外在住という。症状としては軽症が14人、無症状が3人。クラスターとされた8人は、年代、性別非公表の1人を除いて70~90代以上の女性だった。

 この介護事業所では27人を検査済みで、県は「今後(施設内で)広がる恐れはない」とみている。

 赤穂健康福祉事務所所管分(相生市、赤穂市、上郡町)の2人は、80代男性と20代女性。ともに軽症で感染経路は不明という。

【マップ】目で見る兵庫県内の感染状況

西播の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ