西播

  • 印刷
相生市の新人職員が作ったアマビエのかかし=相生市役所
拡大
相生市の新人職員が作ったアマビエのかかし=相生市役所

 相生市役所(兵庫県相生市)に疫病よけの妖怪「アマビエ」のかかしが登場した。新型コロナウイルスの影響で、11月に計画されていた「羅漢の里もみじまつり かがしコンテスト」は中止が決定。このため出品を予定していた同市の新人職員たちが、コロナ収束を願って高さ約2・5メートルの大作を仕上げた。

 同コンテストでは、その年に話題になったスポーツ、政治、芸能をモチーフにしたかかしや、昔話の登場人物をモデルにした作品など約千体が自然公園「羅漢の里」(同市矢野町瓜生)周辺の農道に並ぶ。同市の新人職員が出品するのも習わしだった。

 コンテストはなくなったが、「少しでも市民に明るい気持ちになってもらえたら」と、入庁1年目の事務職13人が制作に取り掛かった。市職員の互助会である「相生市職員共済会」から材料費8千円を得て、終業後に週2、3日集まり、約1カ月かけてアマビエを完成させた。

 胴体には、カキ養殖に用いる円柱型の発泡スチロール(長さ約1メートル)を二つ組み合わせて、ピンクや青に塗った紙皿を張り付けて鱗(うろこ)を表現。髪の毛にはカラフルなビニールテープを使った。頭からは緑色の葉っぱも生やし、2005年に市内の路上で見つかった「ど根性大根」の要素を盛り込んだ。

 社会人枠で今春入庁した農林水産課の男性(38)は「疫病退散の思いを込めて作った」と話した。12月末まで設置している。(伊藤大介)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ