西播

  • 印刷
5分間のプレゼンテーションに、ビジネスプランや町への思いを込めて発表する出場者=さよう文化情報センター
5分間のプレゼンテーションに、ビジネスプランや町への思いを込めて発表する出場者=さよう文化情報センター

 地域の課題解決を目指した事業案で競い合う「さよう星降る町のビジネスプランコンテスト」(神戸新聞社後援)の決勝大会が20日、さよう文化情報センター(兵庫県佐用町佐用)であった。最優秀賞には、集落全体をグランピング施設に改修した「グラミンカSAYO」を提案した大野篤史さん(41)=佐用町=が選ばれた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ