西播

  • 印刷
4種類の合格証書を前に笑顔を見せる平田千歩さん(右)と指導した久保田忠良教諭=播磨特別支援学校
拡大
4種類の合格証書を前に笑顔を見せる平田千歩さん(右)と指導した久保田忠良教諭=播磨特別支援学校

 兵庫県立播磨特別支援学校(たつの市揖西町中垣内)職業科3年生の平田千歩(ちほ)さん(18)が、商業系検定9種目のうち、4種目の1級に合格した。“4冠”は同校初といい、指導教員らは「授業時間が少ない支援学校で、よく達成できた」と偉業をたたえている。(直江 純)

 合格したのは全国商業高校協会(全商)が実施するビジネス文書検定▽珠算・電卓実務検定▽簿記実務検定▽情報処理検定ビジネス情報部門-のそれぞれ1級。検定は他にも5種目あり一般の商業高校では、まれに「9冠制覇者」が出る。

 しかし、播磨特別支援学校の授業では4種目しか対応できず、時間数も商業高校の8割程度しか割けないという。平田さんは手足が不自由で、車いすが必要なため、校内で寮生活を送る。手指が短いなどの先天的な障害があり、自習時間も限られる中で難関を制覇した。

 特に苦労したのは簿記。社会人向きの日商2級と同程度の知識が問われ、平田さんは「原価計算が難しくて、3度目で何とか合格できました」とはにかむ。

 パソコンのキーボードは、手元を見ずに打つタッチタイピングを習得。二つのキーを同時に押すショートカット機能は両手を使うなど自分なりの工夫を重ね、表計算ソフト「エクセル」の基本的な関数も使いこなしている。

 勉強以外でも、3年時には生徒会長としてリーダーシップを発揮した平田さん。卒業後は加古川市の実家から同市内の鉄鋼系メーカーに通勤する。コンピューターで製品の設計をする業務にも就く予定といい「新しい生活は不安もあるけど楽しみです」と話した。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ