西播

  • 印刷
赤穂すこやかセンターに設置された超低温冷凍庫=赤穂市南野中
拡大
赤穂すこやかセンターに設置された超低温冷凍庫=赤穂市南野中

 新型コロナウイルス感染症のワクチンを保管する超低温冷凍庫が、兵庫県赤穂市でワクチン接種会場の一つとなる予定の赤穂すこやかセンター(同市南野中)に設置された。65歳以上の高齢者を対象にした集団接種の開始に向け、準備が進む。

 国内で最初に使用が承認された米ファイザー社製のワクチンを保管する。零下75度での管理が必要なため、国が確保して全国の自治体に配っている。

 届いた冷凍庫は約70リットルの日本フリーザー製(幅と奥行き各約55センチ、高さ約90センチ)。ワクチンの瓶195本が入った箱を10個まで収納できる。1瓶当たりの接種可能回数を5回で計算すると、最大で9750人分保管できることになる。

 同市では、すこやかセンター、赤穂市民病院、赤穂中央病院の計3会場で、1日最大各100人程度の接種を見込む。65歳以上の高齢者約1万6千人には、3月下旬以降に接種券を送る予定。今後、問い合わせや接種の予約に対応するコールセンターを開設する。(坂本 勝)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

西播
西播の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 10%

  • 24℃
  • 9℃
  • 10%

  • 23℃
  • 14℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 10%

お知らせ