西播

  • 印刷
山中に春を知らせるように咲き誇るウメの花=上郡町岩木丙
拡大
山中に春を知らせるように咲き誇るウメの花=上郡町岩木丙
山中に春を知らせるように咲き誇るウメの花=上郡町岩木丙
拡大
山中に春を知らせるように咲き誇るウメの花=上郡町岩木丙

 遊歩道を10分ほど歩いた先に、華やかな色と香りに彩られた山肌が現れた。兵庫県上郡町岩木丙の「坂本梅園」で、約150本の白やピンクのウメの花が見頃を迎えている。

 近くの坂本彰利さん(70)が管理する約70アールの丘陵地は、明治期には急斜面に広がる桑畑だったという。昭和初期、祖父がウメに植え替え、父に続いて坂本さんも苗木を増やしている。

 同園は北向き斜面に位置するため開花は遅めだが、今年は2月中旬から咲き始めた。坂本さんは「温暖化の影響か、だんだん早まっています。3月20日ごろまでは花の盛りも続きそう」と話し、せん定作業に汗を流していた。

 入園無料。同園まで約1キロの石戸公民館駐車場が利用可能となっている。(大山伸一郎)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 30%

  • 22℃
  • 14℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ