西播

  • 印刷
読み札の句に応募作が選ばれた神崎小の(右から)熊代さん、井上君、小坂さん=神河町粟賀町
拡大
読み札の句に応募作が選ばれた神崎小の(右から)熊代さん、井上君、小坂さん=神河町粟賀町

 兵庫県神河町観光協会が、地域の自然や名産が登場する「カーミンの観光かるた」を完成させた。絵札の写真と読み札の句は、ともに地元の住民らから公募。読み札に作品が採用された神崎小の児童3人にこのほど、かるたが贈られた。

 多世代で楽しめ、遊びながら神河町の魅力も知ってもらおうと、2年前に同町の観光ボランティアガイドがかるた作りを発案。読み札の句は、町内の小中学生や住民をはじめ全国から公募し、934句が集まった。計54枚のうち半数以上は地元の小中学生が考えた句が使われた。

 作品が採用された神崎小の3人は、5年生の熊代真由子さん(11)▽4年生の井上翔巴(とわ)君(10)▽3年生の小坂優衣さん(9)。「お」の札に「おうかえん さくらがひらひら まってるよ」の句が選ばれた小坂さんは「たくさんの人が応募したと聞いていたので心配だったけど、選ばれてうれしい」と喜び、「家族や親戚と一緒にかるたで遊びたい」と話していた。

 砥峰高原や水車、銀の馬車道、アユ釣りなど、町内の自然や文化遺産はほぼ網羅。トランプ用のジョーカーの札には、タレントの石田靖さんが考えた句が採用されている。

 かるたは町内に中学生以下の子どもがいる家庭に1セットずつ配布。学校や公共施設にも置くほか、観光案内所や同協会のホームページでも販売している。1セット1800円。神河町観光協会TEL0790・34・1001

(吉本晃司)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • 17℃
  • 10%

  • 23℃
  • 16℃
  • 20%

  • 25℃
  • 17℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ