西播

  • 印刷
新たな指定管理者の応募がなく、3月末で一時休館する「文珠荘」=福崎町東田原
拡大
新たな指定管理者の応募がなく、3月末で一時休館する「文珠荘」=福崎町東田原

 兵庫県福崎町は、同町東田原にある入浴・宿泊施設「文珠荘」を4月から一時休館する。4月から運営を担う新たな指定管理者を昨年秋に募集したが、コロナ禍で大幅に減った利用者の回復が見込めず、応募がなかった。同町は秋から冬にかけての再開を目指したいとするが、来年にずれ込む可能性もあるという。(吉本晃司)

 同施設は1972年に「老人憩いの家 文珠荘」としてオープンし、昨年から町民に広く利用してもらえるよう「文珠荘」と名称を改めた。

 大人数での宴会や宿泊が可能な72畳の大広間や町内が見渡せる大浴場などを備えているが、新型コロナウイルスの影響で大浴場は昨年3月から現在も休止。2019年度に約3万3千人あった利用者は約9割減る見込みという。

 同施設は06年から5年ごとに指定管理者を公募し、現在の管理者は31日で期間満了となるが、水曜は休館日に当たるため、実際の営業は30日で終了する。4月からの新たな管理者はコロナ禍での運営となるため、町は管理期間を3年に短縮し、委託料の上限を約3300万円に増額して昨年11月に募集したが、応募はなかった。

 すぐに再募集しても、実際に運営を始めるには町議会の承認や運営者の研修で半年程度は必要となり、4月からの運営には間に合わないため一時休館することにした。再開までは町が施設を管理する。

 担当する健康福祉課の谷岡周和課長は「コロナが収束してもかつてのような大人数の宴会ができる雰囲気なのかどうか分からない」としつつ「12月の忘年会シーズンか、22年春くらいには再開できるよう努力したい」としている。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • 17℃
  • 10%

  • 23℃
  • 16℃
  • 20%

  • 25℃
  • 17℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ