西播

  • 印刷
薄紫色の花が満開となり、人影の少ない境内を幻想的に包む=宍粟市山崎町上寺
拡大
薄紫色の花が満開となり、人影の少ない境内を幻想的に包む=宍粟市山崎町上寺

 「千年藤」として知られる兵庫県宍粟市山崎町上寺、大歳神社のノダフジが、コロナ禍で一般公開中止となっている。毎年2万人が訪れる観光名所は、満開の花々と甘い香りに包まれながらも、マスクを着けた近隣住民だけが距離を取り、去りゆく春を惜しんでいる。

 平安時代に植えられたとされるフジは約500平方メートルの藤棚いっぱいを覆い、例年大型連休中に見頃を迎えていた。しかし、緊急事態宣言の発令を受け、周辺商店街で開かれていた「藤まつり」は昨年に続いて中止され、夜間のライトアップや臨時駐車場の開設も取りやめとなった。

 2年連続で苦渋の決断をした藤まつり実行委員会事務局は「地元保存会のおかげで今年は例年になく咲き具合が良く、心から楽しみにしていたのに。来年こそは多くの人に見てもらえる状況に戻ってほしい」と願った。(大山伸一郎)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ