西播

  • 印刷
活性化策を提言した(左から)藤本晃綺さん、藤本啓吾さん、横田美咲さん=赤穂市役所
活性化策を提言した(左から)藤本晃綺さん、藤本啓吾さん、横田美咲さん=赤穂市役所

 兵庫県赤穂市に住む上郡高校の2年生3人がこのほど赤穂市役所を訪れ、牟礼正稔市長らに地域活性化策を提言した。医療機関が中心部に集中していることを市の課題に挙げ、オンライン医療診断の導入や、バスやタクシー業者との協力などを提案した。

 藤本晃綺(こうき)さん(16)、藤本啓吾(けいご)さん(16)、横田美咲(みさき)さん(16)で、いずれも赤穂西中の出身。同市西部に住む3人はパワーポイントを使いながら提言を説明し、高齢者がオンライン診療やネット通販などを気軽に利用できるよう、スマートフォン講座を実施する案なども披露した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ