西播

  • 印刷
宍粟市の住民らによる自主製作映画「山間のあかり」の撮影=庭田神社
宍粟市の住民らによる自主製作映画「山間のあかり」の撮影=庭田神社

 兵庫県宍粟市の住民らによる自主製作映画「山間(やまあい)のあかり」の本格的な撮影が16日、同市一宮町能倉の庭田神社で始まった。緊張した面持ちで演技する出演者をスタッフが本格的な機材で撮り進めた。

 映画製作は市のケーブルテレビ「しそうチャンネル」で撮影を担う平岡覚(さとる)さん(69)が「しそう日本酒まつり実行委員会」委員長の会社員長野尭(たかし)さん(33)=同町=に話を持ち掛けて実現。長野さんが監督を務め、出演者やスタッフは住民ら宍粟ゆかりの人が担い、1年がかりで完成させるという。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ