西播

  • 印刷
店内をカフェ風に改装し、再出発したコバコWork&Camp=佐用町佐用
拡大
店内をカフェ風に改装し、再出発したコバコWork&Camp=佐用町佐用

 佐用駅前のコワーキングスペース「コバコWork&Camp」(兵庫県佐用町佐用)がカフェ風に模様替えし、再出発した。緊急事態宣言下の現在は店内の利用を制限しているが、スタッフらは「物販コーナーもあるので、仕事での利用以外にも気軽に立ち寄って」と呼び掛ける。

 5月で開業3周年を迎えたコバコ。多業種の人々が仕事場や宿泊施設として使う以外にも、一般客向けに町内産の雑貨の紹介や販売をしたり、曜日限定のカフェなどを開いたりしている。しかし、町民から「仕事をする場所なのに入っていいの?」と尋ねられることも多く、スタッフの神原麻里さん(40)=同町=を中心に模様替えを企画した。

 通りかかる人の目を引きやすいよう、農産物や雑貨の陳列棚を入り口近くに配置。「レンタルボックス」の制度を取り入れ、展示スペースを月額制で個人や法人に貸す試みも始めた。店内にはテーブルと椅子を増やしてカフェ機能を充実。現在は休止しているが、毎週水、木曜の喫茶コーナー再開後に活用する予定だ。

 経営者の谷口悠一さん(42)は「以前より格段に親しみやすい店内になった」。神原さんは「自由にやらせてもらえたおかげ。町内で頑張っている作家や農家を知ってもらえる場所、何かを始めたい人に頼られる場所にしたい」と力を込め、早期の通常営業再開を心待ちにしている。(勝浦美香)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ