西播

  • 印刷
飛び交うスズメの眼下は一面金色に輝く小麦畑=たつの市揖西町北山
拡大
飛び交うスズメの眼下は一面金色に輝く小麦畑=たつの市揖西町北山

 兵庫県たつの市内の小麦畑が、収穫期を控えて黄金に輝く「麦秋(ばくしゅう)」を迎えている。名産の淡口(うすくち)しょうゆの原料として栽培される契約農場では、実った穂が初夏の風を受けて揺れている。

 ヒガシマル醤油(同市龍野町富永)では、しょうゆの原料となる小麦と大豆、米の一部を播磨地域の農家と契約し、栽培を進めている。小麦は2001年から同市内を中心に栽培しており、収穫をぎりぎりまで待つことでタンパク質などの量を増やす「完熟小麦」として6月中に収穫するという。

 今年は梅雨入りが早かったが生育は順調といい、同社の農産事業担当者は「田植えと重なり大変な時期ですが、今年も無事に収穫できそうです」と声を弾ませた。(大山伸一郎)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ