西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、兵庫県姫路・西播磨の5市6町で65歳以上の74%にあたる18万5900人が5月末までに予約を終えていることが、各市町への取材で分かった。1回目の接種済みの人は5月末で11・9%とまだ少数だが、6月末には34%、7月末には86・8%が2回目の接種を終える見込みとなっている。各市町の現状や今後の見通しなどを2回に分けて紹介する。(直江 純)

 5月末の予約率は福崎町(92・6%)、上郡町(87・5%)など小規模自治体が上位となっている。両町は接種率でも他市町を上回っている。

 宍粟市と佐用町は、住民からの予約申し込みではなく、集団接種希望者に日時を割り当てる方式を採用。5月末の時点で、希望する人全員の接種日程が決まっているという。

 相生市は、実際に国からワクチンが届くスケジュールに合わせて予約を受ける独自の方式を採用したため、5月末の予約率が9・3%と伸び悩み、6月末の2回接種率も22・2%にとどまる見込みだが、7月末には他市町と並ぶ水準になるという。

 赤穂市は5月末の予約率が8割近くに達するが、7月末でも2回接種率が45・3%にとどまる見通し。政府が目標に掲げる7月末の接種完了は難しいという。

 姫路市ではコールセンターへの電話がつながりにくい状態が続くものの、予約率は向上しつつある。1回目の接種率は6月1~4日で16%まで高まり、6月中には集団接種会場を3カ所増やす。

 県は6月21日から姫路市の「アクリエひめじ」で大規模接種を始めるが、市町による接種は米ファイザー製、県は米モデルナ製と違いがあり、アクリエで受けた場合は2回目もアクリエに行く必要がある。各担当者は、アクリエ会場の予約が取れた場合は地元市町の予約を必ずキャンセルするよう、注意を呼び掛けている。

西播新型コロナワクチン姫路
西播の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ