西播

  • 印刷
集団接種を受ける65歳以上の市民ら=山崎スポーツセンター
拡大
集団接種を受ける65歳以上の市民ら=山崎スポーツセンター

 兵庫県宍粟市は25日、65歳以上の市民に対する新型コロナウイルスワクチンの集団接種の全日程を終えた。対象者約1万3千人のうち、集団接種の希望者は1万1072人。ワクチンを2回とも受けたのは、希望者の98%に当たる1万856人だった。今回の集団接種は希望しなかったが、あらためて受けたいと望む65歳以上に対し、市は接種機会を設ける。

 市は5月20日から65歳以上の集団接種を始めた。事前に接種希望などの意向調査をした上で、個別に日時や会場を指定する予約通知を発送。毎週木、土、日曜の計24日間実施し、1日約400~約1500人が接種を受けた。

 会場運営には民間企業なども協力。市から委託を受けた神姫観光がバスを運行し、地域の公民館などから会場までの移送を担った。1日平均延べ20台を運行し、約6千人が利用。他にもイベント運営会社や市シルバー人材センターが会場での誘導に協力した。

 市新型コロナワクチン接種推進室の久内康伸室長は「円滑な運営に協力してくれた来場者や民間企業に感謝したい。64歳以下の集団接種にも、今回の経験を生かしていく」と話した。

 市は16~64歳の集団接種も実施中で、11月中旬までには終える見込み。今後、あらためて接種を希望する65歳以上の市民は、16~64歳の集団接種の日程に組み込むことを検討している。

 久内室長は「接種していないことが、差別や同調圧力につながらないよう呼び掛けたい」と話した。同推進室TEL0790・62・8867

(村上晃宏)

西播新型コロナワクチン
西播の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ