西播

  • 印刷
赤穂市役所=赤穂市加里屋
拡大
赤穂市役所=赤穂市加里屋

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、兵庫県赤穂市は妊婦とパートナーに対し、かかりつけ医の産婦人科での個別接種を中心に進める方針を明らかにした。ワクチンの入荷を待ち、9月から始める予定。「集団接種とは別に予約枠を設けるので対象となる希望者は連絡を」と呼び掛けている。

 妊婦は妊娠34週までを目安とする。対象は、市内に住所があり、母子健康手帳を持つ妊婦▽そのパートナー▽市外に住所があるが、市内の産婦人科で出産予定か、出産のため市内に里帰りしている妊婦。

 市によると、市内に住所のある妊婦は125人(25日現在)で、赤穂中央病院(同市惣門町)に101人▽福田産婦人科麻酔科(同市加里屋)に17人▽親愛産婦人科(姫路市網干区)に7人-が通院している。

 具体的な日程などは、妊婦らからの申し出を受けて調整する。接種対策室TEL0791・48・7136

(坂本 勝)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

西播新型コロナワクチン
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ