西播

  • 印刷
「ミスひまわり」を改称し、「太子町観光大使」を募集するポスターの一部
拡大
「ミスひまわり」を改称し、「太子町観光大使」を募集するポスターの一部

 兵庫県太子町観光協会は、40年近く続いた「ミスひまわり」を性別不問の「太子町観光大使」に改称し、初代の2人を募集している。募集ポスターにも男女1人ずつのイラストを掲載し、男性にも応募を呼び掛けている。任期は2021年11月から1年間。

 ミスひまわりは1983年に初代が選ばれ、各種イベントなどで太子町の魅力を発信。37代まで続いたが、2020年度は新型コロナウイルス禍で募集できず欠員になっていた。一方で「未婚女性限定の『ミス』は時代に合わない」との声もあり改称を決めた。

 参考にしたのが、同じ聖徳太子ゆかりの奈良県斑鳩町。18~19年度の「観光キャンペーン大使」を男性2人が務め、太子町を訪問したこともあったという。中・西播磨では神河町の「かみかわ親善大使」を男性が務めた例がある。

 太子町観光大使は町内在住者に限らず18歳以上(高校生は不可)なら誰でも応募できる。斑鳩寺(同町鵤)での夏会式など年5日程度の出番を想定しているが、聖徳太子の没後1400年となる21年度は記念行事で出番が増える可能性もある。

 選ばれた2人には商品券10万円などが贈られる。書類審査通過者には記念品を贈る。応募用紙は太子町観光協会(TEL079・277・2566)のホームページから印刷できる。締め切りは9月16日(必着)。(直江 純)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月23日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

お知らせ