西播

  • 印刷
力作が並ぶ洋画の部=赤穂市文化会館
拡大
力作が並ぶ洋画の部=赤穂市文化会館

 赤穂市美術展(神戸新聞社など後援)が21日、兵庫県赤穂市中広の市文化会館など3会場で始まった。写真や書など7部門で、県内外からの応募作品など計352点を展示している。24日まで。

 市制施行70周年記念協賛事業で36回目。2020年は新型コロナウイルス禍で中止され、2年ぶりに開かれた。

 市長賞には、岡山県和気町の城谷允子さん(日本画)▽赤穂市の山本由布子さん(洋画)、古川澪さん(書・漢字)、小島愛子さん(書・かな)、尾崎史郎さん(書・篆刻(てんこく))▽加古川市の大西広司さん(写真)▽岡山市の中山良二さん(彫塑工芸)-が輝いた。

 写真は赤穂市加里屋中洲3の市民会館、無鑑査作品などは同市中広の市立図書館に展示している。各会場とも午前10時~午後6時(24日は午後4時まで)。無料。市民会館TEL0791・43・7450

(坂本 勝)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ