西播

  • 印刷
赤穂市役所=赤穂市加里屋
拡大
赤穂市役所=赤穂市加里屋

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、兵庫県赤穂市は新たな予約枠は設けず、集団接種を終える方針を明らかにした。今後、接種希望者にはコールセンターに連絡してもらい、個別の医療機関で土曜を中心に日時を調整する。11月末までに2回接種を終えるという政府からの要請を踏まえ、11月8日までの申し込みを呼び掛けている。

 市は集団接種の予約を10月11日に再開。土日曜は予約が埋まったが、金曜の約100人分は埋まらない状況となっている。このため希望者の大半は予約し、接種を済ませたと判断。集団接種を終えることにした。

 ファイザー製ワクチンは1瓶当たり6回接種できる。今後の個別接種は6人単位での接種が望ましく、コールセンターで連絡を受けてから日程などを調整する。まずは30日からの接種に向け、市医師会と協議する方針。牟礼正稔市長は「希望者には最後の一人まで対応したい」としている。

 コールセンターTEL0120・704・707(聴覚障害者はファクス079・226・2087)

(坂本 勝)

西播新型コロナワクチン
西播の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ