西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
栗原一候補
拡大
栗原一候補

 31日に投開票されるたつの市長選で、神戸新聞社は立候補した2人に施策の優先度や現市政の評価、重要課題に対する考え方などを尋ねるアンケートを実施した。栗原一候補の回答を紹介する。

■施策の優先度を点数化し、その理由を=グラフ参照

 最大の課題である人口減少に対応するために、若者定住を進める必要がある。そのためにはまず、子育て応援、質の高い教育の実現、働く場所の確保、そして医療・福祉の充実が急務である

■山本市長の1期4年を100点満点で評価し、その理由を

 40点

 コロナ対策のため、やむを得ない点もあるが、たつの市の目ざすべき将来像を示さず、前任者から引き継いだ実績を強調し、問題解決を先送りしていることが、市民にとって非常に残念である

■新型コロナウイルスの感染拡大防止策と、観光や地域経済の立て直しに向けた考えは

 PCR検査を徹底して感染拡大を防ぎ、市民病院に専用病棟を設置して早期治療をする。経済再生については、地域還元型の商品券の発行、観光資源を生かしたイベントを実施し交流人口を増加する

■今後の人口規模について、当てはまる考えを次の中から選び、その理由を

①人口増を目指すべきだ
②現状維持で良い
③人口減もやむを得ない

【②】

 最大の原因は少子化である。若者定住を進め、企業誘致により働く場所を確保し、さらに医療費・給食費を無料にして、家計を応援することによって、「子育てナンバーワンたつの市」を実現する

■自身が市長に適任だと思うセールスポイントを

 まず、たつの市の目ざすべき未来像を明らかにしている。さらに原点は「公に尽くすこと」すなわち市民の幸せ実現への情熱、そして実行力、公平公正な市政運営への決意は、誰にも負けません

西播選挙
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月20日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 40%

  • 4℃
  • -2℃
  • 90%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ