西播

  • 印刷
地域内で自由に利用できる電動キックボードや小型電気自動車=上郡町光都2
拡大
地域内で自由に利用できる電動キックボードや小型電気自動車=上郡町光都2
地域内の移動に利用できる1人乗りの小型電気自動車=上郡町光都2
拡大
地域内の移動に利用できる1人乗りの小型電気自動車=上郡町光都2
6人乗りの電動カート。1日6便運行し、無料で利用できる=上郡町光都2
拡大
6人乗りの電動カート。1日6便運行し、無料で利用できる=上郡町光都2

 兵庫県たつの市、上郡町、佐用町にまたがる播磨科学公園都市で、次世代の交通サービス導入を目指した実証実験が始まっている。電動キックボードと小型電気自動車(EV)を有料で貸し出すほか、電動カートや予約制のワゴン車も地域内を走行する。近い将来の実現を目指し、期間中にヒアリングを重ねていく。(勝浦美香)

 神姫バスや県、管内市町などが主催。公共交通が少ない同都市では、2018年から自動運転バスなどの次世代モビリティーの実証実験がスタートした。今年は経済産業省による「地域新MaaS(マース)創出推進事業」の先進パイロット地域にも選定され、より実際の需要に近づけ、将来の持続性を考慮したサービスを用意する。

 芝生広場隣の光都バスセンターでは来年2月20日まで、1人乗りの小型EVと電動キックボードを30分300円で貸し出す。いずれも公道を走行でき、地域内であれば自由に移動できる。平日には県立大や理化学研究所などの近隣施設に無償で提供するシェア事業も実施する。

 予約制のワゴン車(定員8人)と、時速20キロで走行する電動カート(同6人)も12月22日まで無料で利用できる。ワゴン車は34地点で乗り降りが可能。電動カートは、住宅地や県立大付属高、県立西播磨総合リハビリテーションセンターなどをつなぐ3路線で、1日6便運行する。

 電動キックボードやワゴン車などの交通サービスは、いずれも専用アプリ「西播磨MaaS」をダウンロードし、予約や利用のやり取りをする。

 12月19日までの土日曜には、地域外からの観光ツアーも開催。電動キックボードと小型EVが2時間乗り放題で、「欧風家庭料理FUKUTEI」での食事も楽しめる。JR相生駅発着のバスプランは1人3千円、現地集合は2500円。ツアーの問い合わせ、予約は神姫観光TEL0570・057・011

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月27日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ