西播

  • 印刷
最優秀賞に選ばれた北村蒼空君(左)と、作品を基にケーキの家を作った上谷昌吾さん=赤穂市民会館
拡大
最優秀賞に選ばれた北村蒼空君(左)と、作品を基にケーキの家を作った上谷昌吾さん=赤穂市民会館

 童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる「お菓子の家」をテーマにした絵画の審査会で、赤穂市立高雄小2年の北村蒼空(そら)君(8)の作品が最優秀賞に輝いた。誕生日のケーキから夢を膨らませたといい、「かみや製菓本舗」(兵庫県同市塩屋)の菓子職人・上谷(かみや)昌吾社長(55)らが実物に仕上げた。北村君は絵とそっくりなケーキに頭を寄せて満足そうにほほ笑んだ。(坂本 勝)

 童話を踏まえたオリジナル劇「半分のお月さまたち」の動画を公開した市民劇団アルティスタなどの実行委員会が企画した。33点の応募の中から最優秀賞1点を決め、子どもの夢をかなえようと昨年に続いて上谷さんがケーキ作りに協力。従業員の伊東由理菜さん(24)、松浦沙耶さん(22)とともに完成させた。

 ケーキの家は直径約30センチ、高さ約25センチの3階建て。屋上で果物を食べながら空を眺められるデザインで、鶏卵を40個ほど使って上部はカステラ、下部はバターケーキで作った。

 屋上には北村君の好物というイチゴやブドウ、ミカンをデザインしたクッキーが並び、「ハッピーバースデーのいえ」の文字や、年齢と同じ8本のろうそくも。外壁にははしごが掛かり、プリンやチョコレート、ドーナツを模したクッキーもふんだんにあしらわれている。

 「想像力豊かなお菓子の家で細かい作業を続けた」と上谷さん。北村君は「豪勢なので半分は家で、半分は学校でみんなと食べるのが楽しみ」と喜んだ。

 応募作品は17日から26日まで市立図書館(同市中広)で展示する。20、23日は休館。実行委員会TEL090・9161・1461

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ