西播

  • 印刷
聖徳太子没後1400年記念の特別純米酒「斑鳩」。背景は国重要文化財に指定されている斑鳩寺の三重塔(太子町提供)
拡大
聖徳太子没後1400年記念の特別純米酒「斑鳩」。背景は国重要文化財に指定されている斑鳩寺の三重塔(太子町提供)

 聖徳太子が亡くなったとされる622年から今年で1400年。兵庫県太子町が展開する記念事業の一環で、オリジナルラベルの日本酒「斑鳩(いかるが)」が誕生した。720ミリリットル瓶の価格はちょうど1400円(税込み)。町内の酒販店と飲食店でのみ提供される。

 地域のシンボルの斑鳩寺(同町鵤(いかるが))にちなんで名付けられた。現在の太子町域は大半が、太子が建立した法隆寺(奈良県斑鳩町)の荘園だった歴史があり、斑鳩寺はその管理のため平安時代までには成立したとされる。

 酒の醸造元は太子町南部に近い本田商店(姫路市網干区)。ベースは代表銘柄「龍力」の特別純米酒で、県が開発した酒米「兵庫錦」を使っている。2022年の1年間限定で販売される。

 企画した同町産業経済課は「日本酒は『和酒』とも呼ばれ、『和のまち太子』のイメージにもぴったり。ぜひ味わってみて」とPRしている。

 本田商店TEL079・273・0151

(直江 純)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ