西播

  • 印刷
秦河勝の姿を描いた仏画の展示=赤穂市立図書館
秦河勝の姿を描いた仏画の展示=赤穂市立図書館

 千種川流域に残る古代の氏族、秦氏の歴史文化遺産を紹介する催し「秦氏魅力向上フェスティバル」が3日、兵庫県赤穂市中広の市立図書館で始まった。ゆかりの史跡写真や遺物、仏画を展示し、講演や研究発表、朗読会も開催。能楽や舞楽の祖で聖徳太子の寵臣(ちょうしん)だったとされる秦氏の指導者、秦河勝(はたのかわかつ)の魅力に迫る。12日まで。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ