兵庫県議選のニュース
  • 印刷
兵庫県議会の費用弁償制度 条例改正案
拡大
兵庫県議会の費用弁償制度 条例改正案

 兵庫県議会は13日、議会運営委員会を開き、これまで定額が支給されていた「費用弁償」制度の登庁交通費と宿泊料を実費支給に見直す条例改正案を示した。また、現行の議員報酬の減額措置を1年延長することも提案された。

 いずれも「議員報酬及び費用弁償等に関する条例」を一部改正する。各会派の了承を得た後、18日の本会議に提案し、施行は4月1日を予定する。

 本会議や委員会の出席で支給される費用弁償の交通費は、県議会からの距離に応じた定額2500円~1万9千円の支給を「実費相当」に変更。自宅からの公共交通機関などの運賃を登庁日数分で精算する方法に改める。

 また、一律で1万6500円が支払われる宿泊料も、実費支給(上限1万6500円)に見直す。

 現在の議員報酬月額は4万円カットされ、84万円。減額措置を2015年度も継続する。(永田憲亮、岡西篤志)

兵庫県議選のニュース

一覧