兵庫県議選のニュース
  • 印刷

 兵庫県議会は18日の本会議で、定額が支給されていた「費用弁償」制度の登庁交通費と宿泊料を実費支給に改める条例改正案を議員提案し、賛成多数で可決、成立した。

 登庁交通費は、自宅からの公共交通機関などの運賃を精算する「実費相当」に変更。現在12区分している定額支給(1日につき2500円~1万9千円)は廃止する。一律1万6500円が支払われている宿泊料も実費支給(上限1万6500円)に見直す。

 条例改正により、報酬月額88万円から84万円への減額措置を2015年度も延長する。

 一方、知事ら特別職の旅費(宿泊料)を上限1万6500円の実費支給に、一般職員の定額支給を2区分から4区分(8700円~1万1800円)にする県提案の条例改正案も可決された。両改正条例とも施行は4月1日。(永田憲亮)

兵庫県議選のニュース

一覧