兵庫県議選のニュース
  • 印刷
公正な選挙を願い掲揚される白バラ旗=兵庫県庁
拡大
公正な選挙を願い掲揚される白バラ旗=兵庫県庁

 統一地方選前半の兵庫県議選が3日に告示されるのを前に、県選挙管理委員会は2日、公正な選挙実施を願い、「選挙啓発シンボル旗(白バラ旗)」を県庁2号館前に掲揚した。

 県議会をめぐっては一連の政務活動費問題が注目を浴びたが、候補者数が過去最少になる見込みなどから、投票率低下が懸念される。

 あいさつに立った武田丈蔵委員長は「県政発展や地方創生を方向付ける重要な選挙」と話し、投票への全員参加を呼び掛けた。その後、清潔さを表す白いバラの旗を掲揚。和紙で作った風船250個が青空に放たれた。

 県議選は40選挙区の定数87に対し、2日時点で129人が立候補を予定。神戸市議選とともに12日に投開票される。(岡西篤志)

兵庫県議選のニュース

一覧