衆院選2017
10月10日公示 10月22日投開票
兵庫のニュース
  • 印刷
停電で異例の繰り延べとなり、開票作業に当たる篠山市職員=23日午前、篠山総合スポーツセンター
拡大
停電で異例の繰り延べとなり、開票作業に当たる篠山市職員=23日午前、篠山総合スポーツセンター

 台風21号の影響による停電で繰り延べとなった、衆院選兵庫5区の篠山市の開票作業が23日、篠山総合スポーツセンター(同市郡家)で行われた。平日で通常業務があることから、前日に動員した3分の2の人員で開票作業に当たった。

 22日夜、倒木で電線が切れ、同センターは停電。開票作業ができなくなり、県選挙管理委員会は繰り延べ開票の措置を取った。192の投票箱は市選管職員が徹夜で管理した。

 23日午前8時すぎに電線の修復が終了し通電。同9時に開票が始まった。22日は90人態勢だったが、この日は通常業務に支障の出ない60人が開票に当たった。市選管の若狭幹雄委員長は「選挙は民主主義の根幹。1日遅れだが、ミスなく作業を進めたい」と話した。

 同市選挙区の投票者数は1万9516人。(安福直剛)

  
兵庫のニュース
一覧

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ