兵庫のニュース
  • 印刷
維新・清水貴之氏
拡大
維新・清水貴之氏

 与党が改選過半数を確保した今回の参院選。兵庫選挙区では、2016年の前回参院選に続き、自民、公明、維新の憲法改正に前向きな「改憲勢力」の3党が議席を独占した。当選者に選挙戦の受け止めや今後の抱負を聞いた。(聞き手・石沢菜々子、撮影・山崎 竜)

     ◇     ◇

 -約57万3千票を獲得し、トップで再選を果たした。

 「うれしいというよりも、身が引き締まる思い。大阪では教育無償化など維新の実績に対する評価だが、維新の首長がいない兵庫では目に見える結果が出せていない。『兵庫でも改革してほしい』という声をたくさんいただいた。6年間で期待に応える結果を出したい」

 -選挙戦では消費税増税凍結を掲げ、議員の『身を切る改革』を訴えた。

 「公明が公約で『議員歳費の1割削減』を出してきた。維新は3割削減。『まねされた』とも思ったが、自民も動かし、たとえ1割でも削減できれば一歩前進だ。少しずつでも動かしていきたい」

 -「政権の補完勢力」とされる維新の立場は。

 「改憲勢力という意味でくくられるが、是々非々の姿勢で臨む。公文書改ざん、年金問題、参院議員の定数6増など政権のおごりが出ている。与党に対するブレーキ役として存在感を発揮したい。維新の真骨頂とも言える規制緩和や役所改革を進めていく」

 -憲法改正への姿勢は。

 「維新は教育の無償化、統治機構改革、憲法裁判所設置の3点を掲げる。憲法9条についてはまだ党内で議論していない。時代に合わなくなってきているものは変えていく必要があると思う。まずは国会で正面からしっかり議論していくべきだ」

 -兵庫で結果をどう出していく。

 「神戸では規制緩和でもっと民間の活力を入れていく必要がある。大阪万博で人を呼び込むだけでなく、兵庫の企業も関わっていけるようにしたい。統一地方選で増えた維新の地方議員とも連携する。兵庫は県土が広く、地域ごとに特色も異なる。全て大阪のようにやるべきだとは思わない」

兵庫のニュース
一覧

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ