社会社会shakai

  • 印刷
国際政治学者 多湖 淳さん
拡大
国際政治学者 多湖 淳さん

 【軍拡の悪循環を懸念】

 -神戸大緊急集会の賛同人になった

 迷った。研究上の不利益を被るのでは、という危惧がないわけでもない。だが、現状では賛成、反対派とも思考停止し、冷静な議論ができていない。今国会で成立を急ぐ理由は明確でなく、政府の主張に説得力はない。

 -憲法学者と安全保障の専門家。法案への立ち位置の違いは

 国際政治学者が、現在の安保政策変更や改憲の可能性を頭ごなしに否定しないのは事実だろう。だが、今の憲法に照らして「違憲」との見解には同意するのではないか。多様な観点から深い議論をすべきだ。

 -法案の問題点は

 抑止力強化が日本の安全に資する、という政府の説明は疑問だ。セキュリティージレンマ(軍拡の悪循環)を忘れている。特に、歴史問題で周辺国の猜疑(さいぎ)心を解消できていない日本は、戦前回帰と警戒され、他国が軍拡を正当化する方便になる。

 -理解できる点は

 停戦合意のある紛争地で活動する自衛隊の駆け付け警護など、国民の理解を得られやすい部分もある。だが、11法案を一括し、解釈変更で集団的自衛権の行使まで認めるような乱暴な手法をとるから、政策変更の可能性を認める研究者も反対せざるを得なくなる。

 ソフトパワーとしての9条も無視できない。あえて平和国家のラベルを変える合理的な理由は見当たらない。(聞き手・木村信行)

 たご・あつし 1976年静岡県生まれ。神戸大大学院法学研究科教授。専門は安全保障。著書に「武力行使の政治学」(千倉書房)など。

社会の最新

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 26℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ