社会社会shakai

  • 印刷
生嶋洋一氏
拡大
生嶋洋一氏

 任期満了に伴い、4月3日告示、同10日に投開票される高砂市長選に、同市議の生嶋洋一氏(73)が2日、立候補すると表明した。同市長選への立候補表明は現職の登幸人氏(65)に続き、2人目。

 生嶋氏は同市出身。兵庫県立高砂高校卒業後、自営業を営みながら1978年の市議選で初当選し、10期目。通算8度、議長を務めた。現在は自民党高砂支部幹事長を務め、2014年の市議選では自民公認で当選したが、市長選には無所属で立候補する見通し。

 登市長を支援してきたという生嶋氏は「官と民の体質の違いによる“手探り行政”で事業が進まず、役所出身の登氏には任せられない。スピード感を持ち、強いリーダーシップが必要」と述べた。

 公約に市長報酬の30%削減、山陽電鉄高砂駅周辺の整備促進などを掲げた。

(小林隆宏)

社会の最新

天気(3月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ