社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 総務省が公表した2015年の人口移動報告で、兵庫県の転出超過数が最多の北海道に次ぐ7409人に上ったことについて、井戸敏三知事は4日の定例会見で「大阪への流出が増えている。分析して対策を考える」と述べた。

 同報告によると、兵庫は15年、転入者8万7946人に対し、転出者が9万5355人。転出超過は全国2位で、全国3位だった14年の7092人から317人増えた。これに対し、大阪府は関西圏で唯一、2296人の転入超過に転じた。

 井戸知事は転出超過の拡大に「東京圏への流出はあまり増えていない。大阪は再開発で高層マンション建設が進み、子育て世代が流出している可能性がある」との考えを示した。

 県は昨年まとめた地域創生戦略で、19年度までの5年間に仕事創出などで計2万5700人の転入増を生み出し、転出超過を解消する目標を定めている。

(永田憲亮)

社会の最新

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ