社会社会shakai

  • 印刷
推定6歳になった「とよ」。クマ舎での生活が続いている=大阪府豊能町、高代寺
拡大
推定6歳になった「とよ」。クマ舎での生活が続いている=大阪府豊能町、高代寺

 大阪府豊能町のお寺で今春、1頭のツキノワグマが冬眠から目覚めた。約2年前、兵庫と大阪の府県境の山でイノシシのわなにかかり、大阪府に殺処分される寸前で西宮市の自然保護グループに引き取られた「とよ」(雄、推定6歳)だ。野生グマが飼育下で冬眠したケースは全国でも珍しい。環境省の指針では誤って捕獲されたクマは放獣が原則。なぜ古里の山に帰れないのか。(木村信行)

 とよの生息域は丹波山地とみられ、親離れして間もない2014年6月、兵庫や京都、大阪府県境の山を行き来している途中、わなにかかった。

 鳥獣保護法では誤捕獲した動物は山へ放すのが原則。しかし、誤捕獲の経験がなかった大阪府は「住民の安全」を優先し、殺処分の方針を決定した。

 これに森林保全やクマ保護の活動を全国で続ける「日本熊森協会」(本部・西宮市)が反発し、放獣を強く求めたが、大阪府は拒否。府は代替案として動物園など105カ所に引き取りを求めたが「野生の成獣は人に懐きにくい」などの理由ですべて断られた。

 同協会が殺処分回避の方法を模索していたところ、「飼育できる土地を無償提供しましょう」と高代寺(豊能町)の長澤正秀(せいしゅう)副住職が助け船を出した。

 全国から約1300万円の寄付も集まり、昨春、境内に70平方メートルのクマ舎が完成。「とよ」と命名された。

 ファンクラブも結成され、週1回、クマ舎の掃除を続ける。地元のガールスカウトの子どもたちが環境教育で訪れたこともあった。

 冬眠前の昨年11月には豊能町の住民有志がスーパーの前に「ドングリ集め箱」を設置。兵庫や全国から届いた分も合わせ約600キロを準備した。

 約400キロのドングリを平らげ、丸々太ったとよ。1月末、クマ舎で冬眠を始め、3月中旬、むくりと起き上がった。「暖冬でなかなか冬眠してくれず心配した。元気に目覚めてホッとした」とスタッフの植田達也さん(61)。同協会の森山まり子会長は「臆病で学習能力のあるクマは、人の存在を知れば里に下りない。共生の方法を学べば殺処分は必要ないと分かってもらえるはず」と話す。

 とよの放獣には大阪府の許可が必要だが、府は「クマの生息域がなく、住宅地も近い大阪の山に放獣するのは現実的に難しい」。

 古里に帰れぬまま2年が経過しようとしている。

【兵庫は50頭を山へ 15年度】

 ツキノワグマは本州以南の広い範囲に生息していたが、九州では絶滅し、中国地方や四国では絶滅が危惧される地域個体群としてレッドデータブックに掲載されている。

 近畿の生息域は丹波山地や氷ノ山。兵庫県は2015年度、誤捕獲した約50頭を山に帰した。県森林動物研究センターは「クマによっては何度も人里に下りてくる場合があり、注意が必要。集落から離れた奥山などに放獣している」と話す。一方、個体数の多い東北や北陸地方では有害捕獲の対象だ。

 大阪府は、とよが迷い込んだ後の14年夏、クマの対応指針を策定。人身被害の危険性がない、周辺住民の合意があるなどを条件に放獣できるとしたが、担当者は「現実的には難しい。ハイキング時に鈴を着けるなど、クマが人に近づかない対策を強化したい」としている。

社会の最新

天気(2月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ