社会社会shakai

  • 印刷
具体的な改憲テーマについて話すキャラバン隊のメンバーら=4日午後、神戸市中央区下山手通4、県民会館
拡大
具体的な改憲テーマについて話すキャラバン隊のメンバーら=4日午後、神戸市中央区下山手通4、県民会館

 憲法を改正するための国会発議を求める集会が4日、神戸・元町の兵庫県民会館であった。民間団体「美しい日本の憲法をつくる兵庫県民の会」の主催で約70人が参加。7月の参院選で改憲勢力が発議に必要な議席を得たことを受け「具体的な改正内容の議論を」と訴えた。

 県民の会は、ジャーナリストの櫻井よしこさんらが共同代表を務める「国民の会」の地方組織。全国縦断キャラバン隊の兵庫入りに合わせ集会を開いた。

 同隊の別府正智隊長(40)が登壇。自然災害などの非常時に政府に権限を集中させる「緊急事態条項」に触れ「立憲主義の観点からも、大災害時に国民を守るルールとして憲法に明記すべき」と話した。

 集会後、同会館前から大丸神戸店前までパレードし、改憲の必要性について理解を求めた。(段 貴則)

社会の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ