社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
義手の訓練システムを体験する女性参加者=8日午前、神戸市中央区港島中町6、神戸国際展示場(撮影・笠原次郎)
拡大
義手の訓練システムを体験する女性参加者=8日午前、神戸市中央区港島中町6、神戸国際展示場(撮影・笠原次郎)

 11、12日に開かれるG7神戸保健大臣会合を記念し、「ひょうごKOBE医療健康フェア」が8日、神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場3号館で始まった。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の展示などのほか、会合の議題を紹介するコーナーもあり、開幕に向けてムードが高まってきた。

 同フェアでは、iPS細胞から作製した心筋細胞をシート状に加工した「心筋シート」を兵庫県内で初めて公開。義手の訓練システムを体験するコーナーやドクターヘリの展示など、医療や健康について学べる。

 神戸市中央区の会社員(33)は「各国の要人が集まる会合は、先端医療を推進する神戸を世界に発信する機会になる」と期待した。

 同会合は神戸ポートピアホテルで開催。公衆衛生危機や薬剤耐性などをテーマに各国の保健担当大臣らが話し合う。

 同フェアは11日まで(午前10時~午後5時)。G7神戸保健大臣会合推進協議会TEL078・322・6806

(武藤邦生)

社会の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ