社会社会shakai

  • 印刷
大型バイクを楽しむ中高年ライダー=たつの市内(撮影・中西大二)
拡大
大型バイクを楽しむ中高年ライダー=たつの市内(撮影・中西大二)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 バイクを楽しむ中高年が増えている。業界団体の調査では、購入者の6割超が50代以上で、平均年齢も年々上昇。若者のバイク離れが進む一方、趣味の時間や経済的な余裕ができて再び乗り始める「リターンライダー」が多くなったためとみられる。ただ、中高年による事故は後を絶たない。秋の行楽シーズンを迎え、警察も「体力を過信せず、安全第一で」と注意を呼び掛けている。(初鹿野俊)

 自動車メーカーでつくる「日本自動車工業会」(東京)の調査では、2007年度の二輪車購入者のうち、50代以上は全体の44%で、購入者の平均年齢は45・8歳。その後割合は増え続け、15年度は61%で、平均年齢も52・9歳に。一方、10~20代の購入者は07年度の17%から15年度は9%にまで減少した。

 中高年ライダー増加の背景には、仕事や子育て、経済的な理由のために一度はバイクから離れた愛好家が、リターンライダーとして再び乗り始めたとの見方がある。

 こうした傾向を受け、中高年ライダーの事故の割合も上昇。兵庫県警交通企画課によると、今年1~8月に県内で起きた二輪車(ミニバイクを除く)の人身事故は479件。このうち50代以上は約30%の141件で、割合は10年で約10ポイント増えたという。

 公益財団法人「交通事故総合分析センター」(東京)の調査では、39歳以下のライダーは二輪車に乗る機会が毎年減っているのに対し、40歳以上のライダーはほぼ横ばい。担当者は「交通事故が減る中で、中高年がバイクに乗る頻度は変わっていないため、事故の割合が高まっている」とみる。

 日本自動車連盟(JAF)は12年から、リターンライダー向けにホームページに動画を流し、注意喚起している。指導員が「体力、視力、反射神経は衰えている」と、昔取ったきねづかは使えないことを指摘し、実際に運転しながら補助ブレーキ装置やタイヤ事情などを説明。

 その上で、「車体の性能やサイクリスト(自転車に乗る人)が増えた道路環境も、かつてとは違う」として、初心に戻り、新たにバイクに乗り始める意識で慎重に運転するよう呼び掛けている。

社会の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 13℃
  • 4℃
  • 10%

  • 11℃
  • 2℃
  • 10%

  • 14℃
  • 4℃
  • 10%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ