社会社会shakai

  • 印刷
山口組総本部に入る車=5日午前、神戸市灘区篠原本町4
拡大
山口組総本部に入る車=5日午前、神戸市灘区篠原本町4

 指定暴力団山口組が、最高幹部の人事を一部変更したことが5日、関係者への取材で分かった。昨年8月末に神戸山口組と分裂して以降、不在となっていたナンバー4の「総本部長」を復活させるなどした。兵庫県警は背景について情報収集を進める。

 関係者によると、神戸市灘区の山口組総本部で5日に開かれた定例会で明らかにされたという。

 新しく総本部長となったのは、直系団体「大原組」(大阪市生野区)の大原宏延組長(70)で、本部長から昇格。分裂前まで総本部長には大阪市の直系組長が就いていたが、離脱して神戸山口組に移ったため空席となっていた。

 本部長の後任には、「若頭補佐」と呼ばれる直系組長のうち、「大同会」(鳥取県米子市)の森尾卯太男組長(63)を引き上げた。山口組執行部は高齢化が進んでいるとされ、県警のある捜査員は「後継者の育成を図った可能性もある」としている。

社会の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ