社会社会shakai

  • 印刷
会見で知事選への決意を語る津川知久氏=神戸市兵庫区(撮影・大森 武)
拡大
会見で知事選への決意を語る津川知久氏=神戸市兵庫区(撮影・大森 武)

 来年夏に予定される兵庫県知事選で、元兵庫県労働組合総連合(兵庫労連)議長の津川知久(ともひさ)氏(66)=明石市西明石町=が24日、無所属で立候補することを表明した。共産党県委員会や兵庫労連、県商工団体連合会(兵商連)などでつくる「憲法が輝く兵庫県政をつくる会(憲法県政の会)」が擁立、共産党が推薦する。憲法重視や中小企業支援、再生可能エネルギーへの転換などを軸に訴える。(黒田勝俊)

 憲法県政の会は約40団体で構成。2009、13年と過去2回の知事選でも候補者を擁立したが落選した。津川氏は代表幹事の一人。

 津川氏は洲本市生まれ。姫路西高、名古屋大法学部卒業。県内の高校教員や県高等学校教職員組合(高教組)の委員長を経て、今年9月まで11年間、兵庫労連議長を務めた。

 会見で、核搭載艦船を入港させない「非核神戸方式」を県内全ての港に拡大▽高校卒業まで医療費を無料化▽公共事業を発注する業者に一定以上の賃金支払いを求める「公契約条例」を制定-などの政策を発表。「選挙戦までにさらに練り上げる」とした。

 来夏の知事選で、今のところ他に立候補表明はなく、4期目の井戸敏三知事(71)も進退を明かしていない。

社会の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

  • 19℃
  • 16℃
  • 90%

  • 17℃
  • 16℃
  • 90%

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ