社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県は14日、伊丹市昆陽(こや)池3の昆陽池公園で飼育されていたコブハクチョウ2羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た、と発表した。高病原性ウイルスかどうかなどの確定検査を、鳥取大で行う。

 同公園では13日にも、コブハクチョウ1羽の死骸から同様に陽性反応が出ており、これで計3羽となった。

 県によると、13日夜に1羽、14日に1羽の死骸を確認した。確定検査の結果は1週間程度かかる。伊丹市は13日から、同公園の一部を立ち入り禁止としている。(横田良平)

社会の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ