社会社会shakai

  • 印刷

 航空機が空港で離着陸時にオーバーランするなどした際、大事故となるのを防ぐために設定された滑走路端安全区域(RESA)が、全国の97空港のうち神戸、但馬など73空港で「長さ90メートル以上」とする基準を満たしていないことが27日、国土交通省への取材で分かった。

 北海道・新千歳空港で19日にオーバーランした全日空機はRESAで停止、機体の大きな損傷やけが人はなかった。同空港のRESAは192メートルと基準を満たしており、被害軽減に効果があることを示した。

 国交省は、対策を話し合う検討会を発足させており、3月までに整備促進策をまとめる。用地拡張ができない場合は、滑走路の短縮や、航空機を強制的に減速させるシステムの導入を検討する。

 RESAは滑走路両端の過走帯のさらに先にある。全ての滑走路に90メートル以上を設けるとする国のガイドラインが2013年に制定された。

 しかし、昨年末時点で基準を達成していないのは、全国73空港の計75滑走路。羽田A滑走路のように先に海があったり、広島や高松のように山岳丘陵地帯にあったりして設置スペースが確保できない空港も多いという。

 対策の一つが、RESAに発泡コンクリートや発泡ガラスといった柔らかい素材を敷き詰め、タイヤをめり込ませて減速させる「アレスティングシステム」と呼ばれる方法で、米国などで採用されている。ただ、設置・維持に30億円以上かかるのに耐用年数が20年程度しかなく、地震への強度が不足しているとみられることが課題になっている。

 国交省によると、1974年以降に国内で起きたオーバーランは、今回の新千歳を除き22件で、運航100万回当たり0・6回。

        ◇

 神戸、但馬空港が滑走路端安全区域(RESA)の基準を満たさないのは、両空港とも、「長さ90メートル以上」の基準が制定された2013年よりも前に整備されたためだ。

 06年開港の神戸空港は東側でRESA約200メートル分を確保するが、西側は50メートル分が不足。対策は埋め立てによる滑走路延長や、減速システムの導入が考えられるが、神戸市は国の方針やコストを踏まえて検討する考えだ。

 1994年開港の但馬空港も山あいにあり拡張は難しい。同空港では2013年7月、緊急着陸しようとした軽飛行機が滑走路を越え、3人がけがをするオーバーラン事故があった。神戸空港では同事故は起きていない。

社会の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 19℃
  • 20%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

  • 29℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ