社会社会shakai

  • 印刷
「ナイトウォーク火の鳥」のイメージ((C)Tezuka Productions)
拡大
「ナイトウォーク火の鳥」のイメージ((C)Tezuka Productions)
「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」のイメージ((C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK)
拡大
「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」のイメージ((C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 人材派遣大手パソナグループ(東京)は6日、兵庫県立淡路島公園(淡路市)で7月にアニメのテーマパーク「ニジゲンノモリ」を開設すると発表した。宝塚市ゆかりの漫画家手塚治虫氏原作の「火の鳥」を題材にしたプロジェクションマッピングや、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のアスレチックコースなどで構成。世界から注目される日本アニメをテーマに、訪日外国人観光客を含め年間100万人の入場を見込む。

 同公園は1985年開設した。入場者数は京阪神の家族層を中心に年間約33万人で、県は2013年に活性化策を公募。17年度開設を目標とするパソナの計画を選定していた。

 施設はパソナが新設した子会社が運営する。投資額は「現状の自然を生かして整備するため、費用はあまりかけていない」とし、公表しなかった。

 主な施設は「ナイトウォーク火の鳥」「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」(いずれも仮称)。ナイトウォークは日没後、園内の自然を光と音で演出し、全長1・2キロを歩きながら火の鳥の世界観を体感できる。アドベンチャーパークは池の上を滑空するジップラインや高さ7メートルのアスレチックコースなどを設ける。定員4人程度の宿泊施設も23戸設ける。

 県庁で会見したパソナグループの南部靖之代表は「アニメやゲームなど日本の有力コンテンツを集約して、国生みの島から世界に向けて発信したい」と述べた。

 各種利用料は決定次第、ホームページで公表する。アトラクションなどは増やしていくという。(西井由比子)

社会の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ