社会社会 shakai

  • 印刷
多次勝昭氏
拡大
多次勝昭氏

 任期満了に伴い、4月23日に投開票される兵庫県朝来市長選で、現職の多次勝昭氏(67)が9日、市役所で会見を開き、3選を目指して無所属で立候補することを表明した。

 多次氏は同市出身。旧和田山町に入庁し、朝来郡内4町合併協議会事務局長、朝来市企画部長などを経て、2009年の市長選で初当選し、現在2期目。新庁舎や医療センター整備などのハード事業、竹田城跡を中心とする観光振興などに取り組んできた。

 会見では、前年度まで毎年200人前後で推移してきた人口の流出超過が本年度は1月末時点で26人減にとどまっているとし、定住促進施策の成果を強調。引き続き、子育て支援に力を入れるとした。14年度の約58万人をピークに観光客が減少している竹田城跡については「観光客30万人の維持」を目標に掲げた。

 同市長選では現時点で、多次氏以外に立候補を目指す目立った動きはない。(長谷部崇)

社会の最新

天気(2月17日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • 2℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ