社会社会shakai

  • 印刷
会見する渡部吉泰弁護士(左)と池田安寿奈弁護士=16日午後、神戸市中央区橘通2、神戸司法記者クラブ(撮影・有島弘記)
拡大
会見する渡部吉泰弁護士(左)と池田安寿奈弁護士=16日午後、神戸市中央区橘通2、神戸司法記者クラブ(撮影・有島弘記)

 西日本高速道路会社(大阪市)の男性社員=当時(34)=が2015年2月に自殺したのは長時間労働を放置した会社側の責任として、男性の母親(神戸市在住)が16日、業務上過失致死の疑いで職場の上司ら8人の告訴状を神戸地検に提出した。

 男性の自殺を巡っては15年12月、神戸西労働基準監督署が過労が原因と認定。母親の弁護士によると、過労自殺の責任を業務上過失致死容疑で問うのは異例という。

 告訴対象は、男性が働いていた同社の第二神明道路事務所(神戸市垂水区)の所長ら上司4人と、本社と関西支社で人事・労務管理にあたる4人。

 告訴状によると、男性は14年10月から同事務所で勤務。引き継いだ業務は防護柵など道路の構造物工事が中心で、道路舗装が専門の男性にとって未経験だった。時間外労働は着任当初から月150時間を超え、約36時間連続の勤務もあり、うつ病を発症し、同市内の社員寮で自殺した。

 弁護士は長時間労働による過労死は社会常識になっていると指摘。業務上過失致死罪の成立には、男性の長時間労働を上司が把握、もしくは認識できたことを証明する必要があるとした。

 告訴状では、同じ職場の所長ら4人について、男性が未経験の業務に追われ、多忙だったことを把握していたと主張。本社と関西支社の4人は、勤務時間をシステム上で管理する立場だったとして、男性が社内通知に反する午後10時以降の深夜勤務を続けていたことなどから、長時間労働を認識できたとしている。

 男性の自殺を巡っては神戸西労働基準監督署が昨年11月に母親の告発を受け、男性の長時間労働について同社や上司の対応が労働基準法違反にあたるのかどうかを調べている。

 男性の母親は「社員が責任を取らなければ、過労死はなくならない。社会問題として対応してほしい」と訴える。

 西日本高速道路は「コメントを控える。亡くなった社員の冥福を祈るとともに、遺族には心よりお悔やみ申し上げる」などとした。

社会の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ