社会社会shakai

  • 印刷
JR六甲道駅上り線ホームにある昇降式ホーム柵。三ノ宮駅には同様の柵が設けられる予定だ=神戸市灘区永手町
拡大
JR六甲道駅上り線ホームにある昇降式ホーム柵。三ノ宮駅には同様の柵が設けられる予定だ=神戸市灘区永手町
利用客らで混雑するJR三ノ宮駅のプラットホーム=神戸市中央区
拡大
利用客らで混雑するJR三ノ宮駅のプラットホーム=神戸市中央区

 JR西日本が三ノ宮駅に設置する昇降式ホーム柵を2018年度中に稼働させる方向で調整していることが、兵庫県と神戸市への取材で分かった。JR西は17年度に設計とホームの補強を行い、18年度に設置工事を進める。

 JR西が県内の在来線駅にホーム柵(ホームドア)を設けるのは、六甲道駅上りホームに次いで2駅目。三ノ宮駅では普通と快速が停車する2、3番ホームの12両分に設置するという。新快速や特急が停車する1、4番ホームも19年度に着手し、20年度中には完成する見通し。

 ホーム柵は電車が到着するとホーム際に張られたワイヤロープが上がる「昇降式」で、設置費は約9億円に上る見込み。県と神戸市が3分の1、国が3分の1を助成する。県と同市はそれぞれ、17年度当初予算案に盛り込んだ。

 JR西は、県内では1日の乗降客が10万人以上の神戸、姫路、明石各駅に加え、転落や接触の事故が多い西明石駅の計4駅に優先してホーム柵を整備する方針を示しており、現在、地元市と整備スケジュールを調整しているという。(森本尚樹)

社会の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ