社会社会shakai

  • 印刷

 JR西日本は2日、宝塚線(福知山線)や東西線など4路線の計73駅のホームで、電車の進入を知らせる警告音を、騒音の中でも聞きやすい音に改善すると発表した。ホームで乗客との事故などを防ぐのが狙い。

 JR西によると、雑踏の音や話し声など、さまざまな騒音の中でもはっきりと聞き取れるよう、警告音の周波数帯域を広げる。4路線は他に阪和線と片町線(学研都市線)。7日の始発から変更する。

 同社は2015年3月、神戸線や京都線などでも改善を実施。兵庫県内では加古川線、播但線、姫新線の全駅と赤穂線の坂越駅など一部の駅で改善が終わっていないという。(小西隆久)

社会の最新
もっと見る

天気(3月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ